主に歯科手術や根管内治療(歯の中の消毒)に使用します。10~20倍に拡大することで 歯の奇形根管・破折など病巣部の発見に大いに役立ちます。

この手術用顕微鏡とCTそして新生代のバイオセラミックマテリアルの登場によって、いちだんと歯を保存しやすくなりました。

歯科用顕微鏡

拡大写真