平均的なところで動的治療は概ね1~2年。その後経過観察に入ります。

経過観察は、1~2ヶ月に一度の来院になります。

奥の乳歯が生え換わる時、永久歯が横を向いてはえてきたり、本来の位置と違う位置にはえてきたときに素早く対処し、上下顎の位置関係を直します。

治療の中断、埋伏歯があった場合などは動的治療が4~5年になることもあります。

また動かす歯、固定源にする歯が生えるのを待つこともあります。

▲小児矯正のTOPへ