小児矯正について

バイオロジカルな治療受け口の早期治療 ムーシールド

実際の床矯正と装置治療期間治療費

小学校へはいる頃下の前歯が内側に生えてきた、横をむいている、よその子は生え変わっているのにうちの子はいつまでも生えてこない等、おかしいなと思った時が治療開始時期です。

当院では、非抜歯(歯を抜かない矯正)を目標に処置します。そのため低年齢で開始する方が有利になります。

 顔面・気道・鼻腔の正しい成長のためにも急いだ方が好ましいでしょう。

5~6歳からはじめれば、半年~1年半の動的治療でかなりの効果がみられます。早く変化が現れるとご本人やご家族のモチベーションがさらに上がり、前向きになるようです。

小児矯正の最重要ポイントは治療開始年齢です。早期開始をお勧めします。

小児矯正

上写真の症例は、床装置で顎骨を拡大し、前歯を後ろへ牽引しました。いったん矯正治療の効果がみとめられても子供さんの成長・遺伝などに伴って、新たな治療が必要になる事があります。

又装着時間が短いと期待した効果が得られません。