低被爆、14秒高速撮影の歯科用CT

コンピューターで膨大なデータを処理できるようになったため、立体的に画像を構築できるようになりました。

これによって、インプラント時の骨の厚み、親知らずと近くの神経の距離を計測したり、隠れた根管を予測できるなど歯科臨床にたいせつな情報を知る事ができます。

歯科用CTを導入