虫歯を放置すると・・・

[虫歯を放置すると・・・]      

20130824t.jpg

歯の根だけが残る「残根(ざんこん)」になります。 歯の頭(歯冠)部分が虫歯などで溶けてなくなり、根だけ残っているような歯です。

「残根」によくあるパターン

◎虫歯の放置

虫歯になっても治療せずに放置していると、次第に虫歯が歯の頭(歯冠)を溶かして残根になります。

◎治療の途中放置

痛くなった歯の神経を抜いた後、最後まで治療しないで来院がストップしてしまうケース。 歯の外側のエナメル質は虫歯の進行が遅い反面、内部の象牙質はエナメル質比 べて柔らかく、内部で虫歯が広がりやすい性質があります。神経を抜くときの穴が開いて内部が露出したままになると、虫歯の抵抗力の弱い内部の象牙質から虫歯 が進行して、1~2年で残根状態になることがあります。

◎かぶせものが外れた場合

歯にかぶせたものの周囲から内部に向かって、歯茎と同じ高さで虫歯が進行。 かぶせものが外れるとすぐに残根になります。 差し歯など土台ごと外れてしまった場合も、残根状態になることがあります。

忙しくてなかなか治療に行く時間がない方もおられると思いますが、「残根」は治療の時間や回数が多くなり、状態が悪ければ抜歯につながることもあります。早めにご来院ください。

歯科助手 藤本

前の記事

滅菌・消毒講習会

次の記事

歯はどうやって削るの?