歯ブラシの選び方

口腔ケアグッズの売り場に行ってみると、いろんな種類のブラシが並んでいます。
このたくさんの中から自分に合ったものを見つけるのは大変です。何をポイントに選べば良いのでしょう。

まず、形から見ると、柄はカーブしているものより、真っ直ぐなものの方が磨きやすいです。そして、ブラシの部分については、動物の毛より水はけのよいナイロンのものが良く、4列植毛より3列植毛の方が小回りがきいて磨きやすいでしょう。毛先はギザギザではなく、まっすぐのものを選びましょう。その方が歯の面に当たりやすいです。

歯ブラシはまっすぐ3列植毛

そして大切なのが硬さです。一般的には「ふつう」が良いですが、昔から「かため」をお使いの方は力の入り過ぎに注意をしてください。「やわらかめ」は歯茎に腫れなどがある人におすすめします。そして、それらの症状が改善されれば「ふつう」にもどすと良いでしょう。

ほかに「ワンタフトブラシ」があります。円柱状に植毛されたタイプです。これは歯並びが良くないところや、一番奥の歯の後ろ側、孤立している歯など普通のブラシでは磨きにくい所の清掃に大変便利です。

ワンタフトブラシワンタフトブラシ

最後は歯間ブラシについてです。柄の形はまっすぐのものと、曲がっているものがあります。こちらは使い勝手の良いものを選んでください。サイズは歯間に合っているものを選んでください。人によってはワンサイズでは対応できないことがあります。そんな時は、まず細い方のサイズを選び、すき間の大きいところはこするように使ってみてください。それできれいにならないようでしたら、大きいサイズのものも合わせて使ってもらうことをおすすめします。

歯科衛生士 水谷

前の記事

のど飴

次の記事

ジルコニアクラウン