乳歯が生え変わらない

乳歯

乳歯の次に生えてくるはずの永久歯がない。永久歯の本数が本来の28本(親知らずを入れると32本)よりも少ないという方が最近増えているそうです。

奥歯の2本は生え変わるのではなく乳歯列の後方に追加で生えてきます。しかし、それより手前の5本は上下左右20本は、乳歯の下から永久歯が生え、永久歯への切り替わりが始まるのです。

生え変わりの時期は顎が成長を始める6歳頃にスタートします。その後数年をかけて中学生くらいまでに完成されます。

しかし、ある程度年齢を重ねてくると、自分の乳歯がいつ生え変わったのか、全て生え変わっているのか覚えていない方の方がほとんどではないかと思われます。

足りない永久歯を補う方法、生え変わっていないままの乳歯をどうするのかにつては、入れ歯やブリッジ、インプラント、歯牙移植など様々な方法があります。また、問題の無い場合にはそのままの状態でも大丈夫なケースもあります。

まずは、自分の歯がどのような状態なのか、そして適切な対処法を提案して貰うことが大切ですね。

歯科助手
松本

前の記事

骨格と咬み合わせの関係

次の記事

インプラント