フルジルコニア クラウン

DSC_0831.jpg

術前

フルジルコニアクラウン

術後

ジルコニアクラウンにまた新しいタイプのクラウンが登場しました。

フルジルコニアクラウンです。名前の通りすべての部分が無垢のジルコニアのみでできているものです。

したがって非常に強く奥歯の白い被せものに最適な素材といえます。いままでのジルコニアクラウンは表面に陶材を築成して透明感を表現しているので、前歯向きのクラウンです。

一方奥歯はあまり目立たない所にあることと、強大な力がいつもかかるので、より強靭な材料が好ましくなります。

奥歯に陶材を使うと破折の可能性があるので、100%ジルコニアのフルジルコニアクラウンが適応でしょう。

歯科医師  前田

前の記事

Dr、筒井 講習会