イソジンは歯周病にきくの?

イソジンならあるんだけど歯槽膿漏にきくの?といわれることがあります。たしかにイソジンは優れた消毒薬ですが、通常のうがい薬の濃度は低いことと、持続性がないので、それ単体で歯周病治療にはあまり使われません。

歯周病にはCHXと言うお薬が一般的で、持続性があるため、0.1%溶液なら1月のうち最初の1週だけ使用して、あと3週は休薬するという使い方をします。

よく効くんですが、すこし辛いですね。薄い濃度のCHXはよく出回っていますが、世界中でたくさんのエビデンスがあるのは0.12%なのでできればこれくらいを使っていただきたいと思います。

歯科医師  前田 博章

次の記事

痛くない?注射針Ⅱ