リナメル

歯周病予防のため定期的にお口のお掃除・メンテナンスにきていただいています。
PMTC 、歯石除去等をおこなっていますが、最近もう一つメニューが増えました。

歯科従事者のあいだでも一時話題になった歯磨剤「リナメル」です。お掃除のあと、リナメルを使って歯の表面を滑沢にしあげます。舌、指でさわってもよくわかるほどツルツルになります。

市販の歯磨剤よりも明らかに滑らかになります。その秘密は粒子の細かさにあるようです。
ナノレベルにまで粒子を細かくしたものを使っています。その超微粒子が歯の微細なキズをうめて平らにするといううもの。
粒子の基質には歯と同じ成分のハイドロキシアパタイトを使っています。メーカーは再石灰化をうたっていますが、その効果はよくわかりません。

一時的にでも滑沢になるとミュータンス菌(むしば菌)の定着数は減るようです。

グラフ:左が一般的な歯磨剤を使った歯に24時間後に付着した虫歯菌の量 右側がリナメルを使った後のむしば菌の付着量

グラフ

写真:左は一般的な歯磨剤をつかった時の虫歯菌 右はリナメルを使った時のむしば菌

むしば菌

グラフ、写真の出展はサンギ

前の記事

歯の根っこの治療とは?

次の記事

お口もエステ?