咬合平面を考慮したフルジルコニアクラウン

DSC_0703.jpg 咬合平面を考慮したフルジルコニアクラウン
術前 術後

咬合平面が乱れていたので凸状にとびだした奥歯を元の高さに修正して、かみ合わせを治療しまた。

上顎は多数歯の被せ、下顎は多数歯の入れ歯が入れ換わったので、初め違和感があるかもしれませんが、なれればこの方がバランスがとれていいと思います。

歯科医師  前田

前の記事

全顎的COT矯正勉強会